【合格体験記】簿記検定3級

今回は、簿記検定・3級合格体験記について紹介します。

勉強の様子をまとめたのでご覧になって下さい。

1. 簿記検定の概要

1) 説明

#簿記検定
・企業の経営活動を記録・計算・整理して、
経営成績と財政状態を明らかにする技能

出典:商工会議所の検定試験

2) 3級

①試験科目
商業簿記(基本)

②レベル
小規模企業の企業活動や会計実務で経理関連書類の
適切な処理を行えるレベル

3) 主催

*Webメディア: A
▼公式サイト: 商工会議所検定試験(簿記)
▽Twitter: 日本商工会議所検定 

4) 試験科目

a) 商業簿記

#商業簿記
・購買活動や販売活動など、企業外部との取引を記録・計算
する技能で、企業を取り巻く関係者
(経営管理者・ 取引先・出資者等)に対し、適切、かつ正確な
報告 (決算書作成)を行うためのもの

出典: 商工会議所の検定試験(試験科目) 

①第1問
・仕訳

②第2問
*以下の内容から1分野出題
・勘定記入
・補助簿の選択
・帳簿記入

③第3問
・試算表
(合計残高試算表、合計試算表、残高試算表)

④第4問
*以下の内容から1分野出題
・伝票会計
・仕訳日計表
・語句記入

⑤第5問
*以下の内容から1分野出題
・精算表
・財務諸表
・等級別総合原価計算

2. 簿記検定の情報

1) 検定日

*自分が受験した日
・2017年2月26日(日) 9:00~11:00(2時間)

2) 試験実施

全国統一の日程で行われる(年3回)
(申込み方法・期間は統一されていない)
①6月・第2日曜日
②11月・第3日曜日
③2月・第4日曜日

3) 時間

・9:00~11:00: 2時間

3. 簿記検定へのチャレンジ

1) 動機

お金の流れを理解し、仕事で活かしたいから
でも活躍できる技術・知識を身につけたいから
・技術を磨いて、自信をつけたいから

2) 勉強期間

・2016年12月1日~2017年2月26日
(約3か月間)

4. 勉強の仕方

1) 過去問題集を解きまくる

3周以上
①TAC過去問題集
・年度版(最新版)
「スッキリとける日商簿記3級 過去+予想問題集」

解答用紙ダウンロードして、問題を解くこと

*Webメディア:B
▼公式サイト: TAC書籍販売サイト
【ポイント】
過去問題を制するものは検定を制する!
最新版を購入すること
(新出題にも対応してくれるから)
本番を想定して、時間を図りながら問題を解くこと
(解答用紙も準備しておくこと)

2) 使用用具

①電卓
・12桁で音が出にくいもの
・使いやすいもの

②筆記用具
・シャーペン、消しゴム

③計算用紙
・A4サイズの白紙

④時計
・時間を計るため

3) 新出題のチェック

出題範囲が変化するので確認すること
(Webサイトで確認すること)

*Webメディア:C
▼公式サイト: 商工会議所検定試験(簿記)改定
【ポイント】
・検定ではその範囲が出やすくなる。

②精神面
・心の支えになって、勉強がはかどって簿記が好きになりました。

4) ミスノートを付ける

・自分が苦手な問題をチェックして、解説などをノートにまとめておくこと

5. 勉強のポイント

1) 商業簿記

①第1問: 目標10分
専門用語を漢字で正しく記入できること

②第2問:目標20分
解き方を理解すること

③第3問:目標30分
解答用紙に注意すること
(合計試算表、試算表、残高試算表)

④第4問: 目標20分
解き方を理解すること

⑤第5問: 目標30分
・貸借対照表(B/S)
a) 資産
b) 負債
c) 純資産

・損益計算書(P/L)
a) 費用
b) 利益

2) 見直し

・目標10分
(間違いがないか最終チェックをする)

6. まとめ

簿記検定・3級を勉強して、過去問題集を何度も繰り返し行うと
理解できるようになりました。検定にチャレンジして合格しました。
仕事との両立だったので大変でしたが、勉強を楽しみました。
今後は簿記を仕事で活用したいので、簿記検定・2級を勉強して検定に
チャレンジしていきたいです。

技術
エリアステーション | 奈良・大阪でWebサイト・ブログ制作の事務所
タイトルとURLをコピーしました