【イベント参加】ポモドーロ勉強会の様子(休日版)

勉強カフェ大阪の休日ポモドーロ

先日、大阪府大阪市本町にあるコラーニングの勉強カフェ大阪本町
ポモドーロ勉強会が開催されました。

体験会ではポロモードテクニックを使って、自分でテーマ
決めて自習していきました。作業時間休憩時間は主催者の
方から決められていて時間管理術を身につけました。

今回は、土曜日の開催時に参加しました。
仕事がお休みだったので長時間作業ができてとても満足できました。

平日、土曜日、日曜日、祝日に数回は開催されるので、
どなたでも参加できます仕事や勉強がはかどり
充実した時間を過ごせますので、機会があればぜひ行ってみて下さい。
イベントの様子まとめましたのでご覧になって下さい。

1. 開催要項

1) イベント名

・勉強カフェ大阪 8時間ポモドーロ
~君も、集中した8時間を手に入れないか?~

勉強カフェ大阪のポモドーロイベントのイラスト

出典: 勉強カフェ大阪・オーナー(ブログ)

2) 内容

ポモドーロテクニックを使って自習する。
(自習内容は自分で決めること)

時間管理術を学んで、今後の仕事や勉強に活かしてもらう。

ポモドーロタイマーのアナログ赤色

#ポモドーロテクニック
・短めの作業と短い休憩を繰り返す方法。
25分間の作業 + 5分間の休憩 を1ポモドーロとして、
4ポモドーロ(2時間)ごとに30分間の休憩を取り、
これを繰り返し行うという時間管理術のこと。

#ポモドーロ
・イタリア語で「トマト」のこと。

#ポモドーロタイマー
・シリロが学生時代に愛用していた
トマト型のキッチンタイマーが由来。

出典: リクルートNEXTジャーナル

3) 方法

①やるべきタスクを決める
②50分(もしくは)25分間、他の事は一切やらずにタスクに集中する
③10分(もしくは5分間)の休憩を取る
④これを4回繰り返したら(2時間毎)に30分程の長い休憩をとる

4) 効果

・仕事や勉強の集中力を高め、生産性を最大限に引き出そうとするものです。
集中休憩のメリハリをつけるためのテクニックであり、
機能すれば、集中力を発揮した時間がたくさん持てること

5) 対象者

*自分を成長させたい人は必見です。
・時間管理が上手くできず、今後徹底させたい方
・集中と休憩にメリハリをつけたい方
・仕事で生産性を高め、成果を上げたい方
・勉強で成果を上げたい方
・新しいことにチャレンジしたい方

【ポイント】
・作業される前日までには計画を立てること
(メモ程度に書いておくと良い)
Do Toリスト(やることリスト)を作っておくこと
戦略も立てておくと更に良い
・作業内容には優先順位を決めておくこと
・作業内容はノートに下書きしておいても効果あり

2. 開催概要

1) 日時

*主催者の方の都合で随時開催されます。
(日程と時間は様子を見ながら行われる予定です)
☆今回は次の日程で参加しました。
・2018年12月8日(土)8:00 ~ 18:30 (10時間30分)

*Webメディア:A
▼公式サイト: 勉強カフェ大阪(ポモドーロイベント)

2) 主催者

①勉強カフェ大阪のオーナー
・勉強カフェ大阪の創業者
・勉強カフェを関西に進出された方
(以前は首都圏で創業・展開されており、
今では全国に展開されているグループ店)
・勉強に情熱を燃やしている方々を熱心に応援されている
最大の魅力!

*Webメディア:B
▼公式サイト: 勉強カフェ大阪・オーナー
▽Twitter: 勉強カフェ大阪・オーナー
□YouTube: 勉強カフェ大阪・オーナー

3) 会場

a) 勉強カフェ大阪本町
・コラーニングスペース(大阪府大阪市本町
勉強が大好きになるコラーニングスペース」
「勉強カフェ大阪の1号店

①エッグビル本町ビル(入口)

②勉強カフェ大阪本町(入口): 5F

③イベントルーム: 5F

#コラーニングスペース
・コワーキングスペース(スペースの共有)+ ラーニングスペース(自習室)を
あわせた施設のこと

言葉: 勉強カフェ大阪・オーナー

(A) アクセス

〒550-0011
大阪府大阪市西区阿波座1-3-18  エッグビル5F

◇最寄り駅
・大阪地下鉄 四つ橋線 本町 駅 22番出口(徒歩:約3分)
靱(うつぼ)公園の最寄り駅」

②部屋:イベントルーム

勉強カフェ大阪本町のイベントルーム

3. 勉強会のルール

1) やることを宣言

・開始するは参加者全員の前で宣言する
(内容、量、時間の目標を言っておくこと)
例)
○○資格の勉強のために問題集を1冊やり切ります。
仕事関係の書類をパソコンで作成します。
1つはできれば午前中に終わらせて、
もう1つは午後で終わらせます。

2) 終了したら報告

・すべての工程が終了すれば、参加者全員の前で報告する
(達成度、感想、成果と課題)
例)
○○資格の問題集の△△%はできました。
時間管理がきちんとできて作業が捗りました。

3) 1つの作業に集中

・作業時間中は他のことはさけること
①作業内容は複数行わないこと
・集中しにくくなるから

②SNSは見ないこと
・メール、Twitter、Facebook、Instagram、ライン

③他の行動はさけること
(トイレ、水分補給、食事、電話応対)
・作業が集中しにくいから

【ポイント】
*休憩時間には②~③のことを行うと良い

4) 時間厳守

・設定された時間を守って行動すること
(作業時間と休憩時間を意識すること)
・休憩時間が来たら、作業はせずに必ず休憩を取ること

4. 勉強会の進行

1) 主催者

①時間の設定・管理(作業時間・休憩時間)
タイムスケジュール(時間割)を設定
(事前に設定され、ホワイトボードに書いて下さった)
タイマーアプリで時間を測定・管理
(今回はiPhone用のアプリを使用されていた)

②時間の区切り
チャイムの役割みたいな音楽で知らせて下さった
(今回は、ドラゴンクエストの音楽を使用されていた)
〔理由〕 作業に対してワクワクさせる音楽だから
レベルアップを連想させるから)

2) 参加者

①テーマ
・自分決めた内容目標成果課題
例)
仕事の業務(デザイン制作、書類作成)
資格試験の勉強
書籍を読む

②行動
・主催者の方の時間割進行で作業を行った

【ポイント】
①参加者の方の様子を見ながらの進行
(作業状況、体調、意見)②休憩時間は主催者の方が参加者の方と積極的に会話
参加した最大の功績
・技術や勉強に関する情報・考え方を知って、学ぶことができた。
・話を聞いたことによって、刺激を受けて
「自分はもっと勉強を頑張ろう」 と決意しました。

3) 自分の実施内容

①内容
a) ブログ作成(WordPress): ノートパソコンを使用
【イベント参加】 ポモドーロ勉強会の様子(休日版)

ノートパソコンのイラスト

②作業前の宣言
・長時間(8時間)なので、ブログを1本書き上げることを
目標にやってみます。
・時間内に仕上げて、Web上に公開できることを目標にやってみます。
時間管理術を学び、充実した時間を過ごして楽しみます。
・長時間なので、最後までやりきります。

③作業後の報告
・長時間(8時間)だったので、ブログが1本書き上げました。
・時間内にはWeb上で公開できなかったが、家に帰って
から残りを仕上げて公開する予定にします。
・長時間だったので、充実できて楽しめました。
・最後までやりきって達成できて充実感が得られました。
・ポモドーロテクニックを体験できて、時間管理術を学べました。
今後の仕事や勉強に活かしていきます。

5. タイムスケジュール

開始: 8:00終了:18:30(計:10時間30分

【説明】
#1ポモ…作業の1単位のこと

言葉:勉強カフェ大阪・オーナー

1) 朝の部

*全体: 作業(50分)小休憩(10分)大休憩(70分)
1ポモ(回目): 8:00~ 8:50 [50分]
小1休憩: 8:50~ 9:00 (10分)
2ポモ(回目): 9:00~ 9:50 [50分]
小2休憩: 9:50~10:00 (10分)
3ポモ(回目):10:00~10:50 [50分]
小3休憩: 10:50~11:00 (10分)
4ポモ(回目):11:00~11:50 [50分]
大1休憩: 11:50~13:00 (70分)

a) 作業時間
・50分(1セット)× 4回
= 200分(3時間20分)

b) 休憩時間
・10分(1セット)× 3回 + 70分(1セット)× 1回
= 30分 + 70分
= 100分(1時間40分)

c) 小計時間
a) 200分(3時間20分)+ b) 100分(1時間40分)
= 300分(5時間)

2) 昼の部

*全体: 作業(25分)小休憩(5分)中休憩(35分)
5ポモ(回目): 13:00~ 13:25 [25分]
小4休憩: 13:25~ 13:30 (5分)
6ポモ(回目): 13:30~ 13:55 [25分]
小5休憩: 13:55~ 14:00 (5分)
7ポモ(回目): 14:00~ 14:25 [25分]
小6休憩: 14:25~ 14:30 (5分)
8ポモ(回目): 14:30~ 14:55 [25分]
中1休憩: 14:55~ 15:30 (35分)
(BreakTime)
9ポモ(回目): 15:30~ 15:55 [25分]
小7休憩: 15:55~ 16:00 (5分)
10ポモ(回目):16:00~ 16:25 [25分]
小8休憩: 16:25~ 16:30 (5分)
11ポモ(回目):16:30~ 16:55 [25分]
小9休憩: 16:55~ 17:00 (5分)
12ポモ(回目):17:00~ 17:25 [25分]
小10休憩: 17:25~ 17:30 (5分)
13ポモ(回目):17:30~ 17:55 [25分]
小11休憩: 17:55~ 18:00 (5分)
14ポモ(回目):18:00~ 18:25 [25分]
まとめ: 18:25~ 18:30 (5分)
(振り返り、アンケート記入)

a) 作業時間
・25分(1セット)× 10回
= 250分(4時間10分)

b) 休憩時間
・5分(1セット)× 9回 + 35分(1セット)× 1回
= 45分 + 35分
= 80分(1時間20分)

c) 小計時間
a) 250分(4時間10分)+ b) 80分(1時間20分)
= 330分(5時間30分)

3) 全体

a) 作業時間
・200分(3時間20分) [朝] + 250分(4時間10分) [昼]
= 450分(7時間30分)

b) 休憩時間
・100分(1時間40分) [朝] + 80分(1時間20分) [昼]
= 180分(3時間)

c) 合計時間
a) 450分(7時間30分)+ b) 180分(3時間)
= 630分(10時間30分)

6. 勉強会の補足

・今回の勉強会では、作業時間は7時間30分でしたが、
今後、作業時間を8時間に挑戦する場合は続きの時間を
設定をしましたのでご覧になって下さい。

開始: 8:00終了:19:30(計:11時間30分

1) 朝の部

*全体: 作業(50分)小休憩(10分)大休憩(70分)
1ポモ(回目): 8:00~ 8:50 [50分]
小1休憩: 8:50~ 9:00 (10分)
2ポモ(回目): 9:00~ 9:50 [50分]
小2休憩: 9:50~10:00 (10分)
3ポモ(回目):10:00~10:50 [50分]
小3休憩: 10:50~11:00 (10分)
4ポモ(回目):11:00~11:50 [50分]
大1休憩: 11:50~13:00 (70分)

a) 作業時間
・50分(1セット)× 4回
= 200分(3時間20分)

b) 休憩時間
・10分(1セット)× 3回 + 70分(1セット)× 1回
= 30分 + 70分
= 100分(1時間40分)

c) 小計時間
a) 200分(3時間20分)+ b) 100分(1時間40分)
= 300分(5時間)

2) 昼の部

*全体: 作業(25分)小休憩(5分)中休憩(35分)
5ポモ(回目): 13:00~ 13:25 [25分]
小4休憩: 13:25~ 13:30 (5分)
6ポモ(回目): 13:30~ 13:55 [25分]
小5休憩: 13:55~ 14:00 (5分)
7ポモ(回目): 14:00~ 14:25 [25分]
小6休憩: 14:25~ 14:30 (5分)
8ポモ(回目): 14:30~ 14:55 [25分]
中1休憩: 14:55~ 15:30 (35分)
(BreakTime)
9ポモ(回目): 15:30~ 15:55 [25分]
小7休憩: 15:55~ 16:00 (5分)
10ポモ(回目):16:00~ 16:25 [25分]
小8休憩: 16:25~ 16:30 (5分)
11ポモ(回目):16:30~ 16:55 [25分]
小9休憩: 16:55~ 17:00 (5分)
12ポモ(回目):17:00~ 17:25 [25分]
小10休憩: 17:25~ 17:30 (5分)
13ポモ(回目):17:30~ 17:55 [25分]
小11休憩: 17:55~ 18:00 (5分)
14ポモ(回目):18:00~ 18:25 [25分]

【追加分】
小12休憩: 18:25~ 18:30 (5分)
15ポモ(回目):18:30~ 18:55 [25分]
小13休憩: 18:55~ 19:00 (5分)
16ポモ(回目):19:00~ 19:25 [25分]
まとめ: 19:25~ 19:30 (5分)
(振り返り、アンケート記入)

a) 作業時間
・25分(1セット)× 12回
= 300分(5時間)

b) 休憩時間
・5分(1セット)× 11回 + 35分(1セット)× 1回
= 55分 + 35分
= 90分(1時間30分)

c) 小計時間
a) 300分(5時間)+ b) 90分(1時間30分)
= 390分(6時間30分)

3) 全体

a) 作業時間
・200分(3時間20分) [朝] + 300分(5時間) [昼]
= 500分(8時間20分)

b) 休憩時間
・100分(1時間40分) [朝] + 90分(1時間30分) [昼]
= 190分(3時間10分)

c) 合計時間
a) 500分(8時間20分)+ b) 190分(3時間10分)
= 690分(11時間30分)

7.勉強会の効果

1) 集中力が向上

①時間管理術の習得
・時間管理ができたので集中力が増した。
ON(集中)OFF(休憩)の切り替えが上手くできた。

2) 生産性が向上

①作業効率化の習得
休憩をしっかり取らせて頂いたので、体力の消耗が
少ないので集中できた
優先順位を考えて作業しているので効率よくできた。

3) 意欲が向上

①仕事や勉強の意欲が向上
成果が上がっているので意欲が高まった
・作業することが生き甲斐に感じた
・もっと高度な技術にチャレンジしたいという気持ちが持てた。

4) 仲間からの刺激

①参加者の方々からの刺激
・熱心に仕事や勉強をされている姿に心が打たれて
良い刺激を受けました。
「問題集(書籍)の量、意欲が半端なかった!

8. 今後の展開

1) 平日に開催

①参加されたからのリクエスト
会社帰りにポモドーロテクニックで勉強したいという意見がありました。
少ない時間でも効率よく勉強したいという思いがあるから

2) 会場を追加

勉強カフェ大阪うめだで開催
*勉強カフェ大阪本町のグループ店
・コラーニングスペース(大阪府大阪市梅田
勉強が大好きになるコラーニングスペース」

勉強カフェ大阪うめだのビルと入口

(A) アクセス

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2丁目4-41 桜橋キタハチ2F

◇最寄り駅
・大阪地下鉄 四つ橋線 西梅田 駅 10番出口(徒歩:約1分)
ハービスENTの最寄り駅」
・JR環状線 大阪駅 桜橋口(徒歩:約10分)

9. まとめ

先日、自分はもっと成長したいという思いから、
勉強カフェ大阪が主催するポモドーロ勉強会に参加させて頂きました。

自分で内容目標を設定して、時間を意識しながら作業しました。
主催者の方の設定された時間をきちんと守り、作業がはかどったので
達成感を感じることができました。

また、参加されていた仲間も頑張っておられたので
良い刺激を得られて、絆が深まりました。
もっと仕事や勉強がしたいと強い意欲を持つことができました。
自分にとっては、時間が足りませんでした。

作業時間休憩時間が決まっているので
まるで学校の時間割を経験したような感覚と似ていて
学生時代を思い出して懐かしさを感じられました。

勉強カフェ大阪のオーナーさん、今回の企画を立ててイベントを
開いて頂いたことに感謝致します。今後も機会があれば
イベントに参加して成長していきたいです。

タイトルとURLをコピーしました