【イベント】ポモドーロ勉強会の様子(平日版)in 勉強カフェ大阪

勉強カフェ大阪の平日ポモドーロ

今回は、大阪府大阪市本町にあるコラーニングの勉強カフェ大阪本町
スタッフの方主催ポモドーロ勉強会について紹介します。

以前、ポロモード勉強会に参加したときの感動が忘れられなくて
再び参加しました。今回は、平日の開催時に参加しました。
仕事はありましたが。終わってから駆け付けました。
少しの時間でしたが有意義に過ごせました。

平日、土曜日、日曜日、祝日に数回は開催されるので、
どなたでも参加できます仕事や勉強がはかどり
充実した時間を過ごせますので、機会があればぜひ行ってみて下さい。
イベントの様子まとめましたのでご覧になって下さい。

1. 開催情報

1) イベント名

・勉強カフェ大阪 2時間ポモドーロ
~君も、集中した2時間を手に入れないか?~

勉強カフェ大阪のポモドーロイベント
出典: 勉強カフェ大阪・オーナー(ブログ)

*Webメディア:A
▼公式サイト: 勉強カフェ大阪(ポモドーロイベント)

2) 内容

ポモドーロテクニックを使って自習する。
(自習内容は自分で決めること)

時間管理術を学んで、今後の仕事や勉強に活かして頂く。

ポモドーロタイマーのアナログ緑色

#ポモドーロテクニック
・短めの作業と短い休憩を繰り返す方法。
25分間の作業 + 5分間の休憩 を1ポモドーロとして、
4ポモドーロ(2時間)ごとに30分間の休憩を取り、
これを繰り返し行うという時間管理術のこと。

#ポモドーロ
・イタリア語で「トマト」のこと。

#ポモドーロタイマー
・シリロが学生時代に愛用していた
トマト型のキッチンタイマーが由来。

出典: リクルートNEXTジャーナル

3) 方法

①やるべきタスクを決める
②50分 or 25分間は他の事は一切やらずにタスクに集中する
③10分 or 5分間の休憩を取る

4) 効果

・仕事や勉強の集中力を高め、生産性を最大限に引き出そうとするもの
集中休憩のメリハリをつけるためのテクニックであり、
機能すれば集中力を発揮した時間がたくさん持てること

5) 日時

・主催者の方の都合で随時開催されます。
☆今回は次の日程で参加しました。
・2018年12月27日(木)19:00 ~ 21:00 (2時間)

6) 対象者

*自分を成長させたい人は必見です。
・時間管理が上手くできず、今後徹底させたい方
・集中と休憩にメリハリをつけたい方
・仕事で生産性を高め、成果を上げたい方
・勉強で成果を上げたい方
・新しいことにチャレンジしたい方

【ポイント】
・作業される前日までには計画を立てること
(メモ程度に書いておくと良い)
Do Toリスト(やることリスト)を作っておくこと
戦略も立てておくと更に良い
・作業内容には優先順位を決めておくこと
・作業内容はノートに下書きしておいても効果あり

7) 持ち物

a) 任意(必要な方のみ)
・自分が行う作業に必要な道具を持ってきて下さい。
①ノートパソコン

ノートパソコンのイラスト

②過去問題集

書籍のイラスト

8) 参加方法

事前に申込みが必要
・会場(勉強カフェ大阪)のWebサイトよりお申込み下さい。

▼公式サイト: 勉強カフェ大阪(イベント)

2. 主催者

1) 勉強カフェ大阪・オーナー

・勉強カフェ大阪の創業者
・勉強カフェを関西に進出された方
(以前は首都圏で創業・展開されており、今では全国に展開されているグループ店)
・勉強に情熱を燃やしている方々を熱心に応援されている
最大の魅力!

*Webメディア:B
▼公式サイト: 勉強カフェ大阪・オーナー
▽Twitter: 勉強カフェ大阪・オーナー
◎YouTube: 勉強カフェ大阪・オーナー

3. 会場

1) 勉強カフェ大阪

・コラーニングスペース(大阪府大阪市本町

a) エッグビル本町ビル

エッグ本町ビル

b) 勉強カフェ大阪本町(入口): 5F

勉強カフェ大阪本町の入口

①イベントルーム: 5F

勉強カフェ大阪本町のイベントルーム

#コラーニングスペース
・コワーキングスペース(スペースの共有)+ ラーニングスペース(自習室)を
あわせた施設のこと

言葉: 勉強カフェ大阪・オーナー

(A) アクセス

〒550-0011
大阪府大阪市西区阿波座1-3-18  エッグビル5F

◇最寄り駅
・大阪地下鉄 四つ橋線 本町 駅 22番出口(徒歩:約3分)
靱(うつぼ)公園の最寄り駅」

4. 勉強会のルール

1) やることを宣言

・開始するは参加者全員の前で宣言する
(内容、量、時間の目標)
例)
①○○資格の問題集を△△%やり切ります。
②仕事関係の書類をパソコンで作成します。
短い時間ですが、△△%やり切ります。
④とにかく勉強を楽しみます

2) 終了したら報告

・すべての工程が終了すれば、参加者全員の前で報告する
(達成度、感想、成果と課題)
例)
①○○資格の問題集を△△%はできました。
②仕事関係の制作・書類を作成して作業が捗りました。
短い時間でしたが、△△%はできました。
④参加して勉強を楽しめました。今後も継続して勉強を楽しみます

3) 1つの作業に集中

・作業時間中は他のことはさけること
①作業内容は複数行わないこと
・集中しにくくなるから

②SNSは見ないこと
・メール、Twitter、Facebook、Instagram、ライン

③他の行動はさけること
(トイレ、水分補給、食事、電話応対)
・作業が集中しにくいから

【ポイント】
*休憩時間には②~③のことを行うと良い

4) 時間厳守

・設定された時間を守って行動すること
(作業時間と休憩時間を意識すること)
・休憩時間が来たら、作業はせずに必ず休憩を取ること

5. 勉強会の進行

1) 主催者

①時間の設定・管理(作業時間・休憩時間)
タイムスケジュール(時間割)を設定
(事前に設定され、ホワイトボードに記入)
タイマーアプリで時間を測定・管理
(今回はiPhone用のアプリを使用)

②時間の区切り
チャイムの役割みたいな音楽で通知
(今回は、ドラゴンクエストの音楽を使用)
〔理由〕 作業に対してワクワクさせる音楽だから
レベルアップを連想させるから)

2) 参加者

①テーマ
・自分決めた内容目標成果課題
例)
・仕事の業務(デザイン制作、書類作成)
・資格試験の勉強
・書籍を読む

②行動
・主催者の方の時間割進行で作業を行った。

【ポイント】
①参加者の方の様子を見ながらの進行
(作業状況、体調、意見)

休憩時間は主催者の方が参加者の方と積極的に会話
・技術や勉強に関する情報・考え方を知って、学ぶことができた。
・話を聞いたことによって、刺激を受けて
「自分はもっと勉強を頑張ろう」と決意しました。
参加した最大の功績!

3) 自分の実施内容

a) ブログの下書き作成(メモ帳): スマートフォンを使用
【イベント】 ポモドーロ勉強会の様子(平日版)in 勉強カフェ大阪

スマートフォンのイラスト

b) 作業前の宣言
短時間(2時間)なので、全てブログを書き上げる
ことは不可能だが、できるところまでやってみます。
時間管理術を学び、充実した時間を過ごして楽しみます。
短時間で集中してみます。
④とにかく勉強を楽しみます

c) 作業後の報告
短時間(2時間)だったので、20%ほどブログの下書きだけ書けました。
残りは後日仕上げて、Web上に公開する予定です。
②ポモドーロテクニックを体験できて、時間管理術を学べました。
今後の仕事や勉強に活かしていきます。
短時間、集中してできたので充実感を得られました。
④参加して勉強を楽しめました。今後も継続して勉強を楽しみます

6. タイムスケジュール

開始: 19:00終了:21:00(計:2時間

【説明】
#1ポモ…作業の1単位のこと

言葉:勉強カフェ大阪・オーナー

1) 夜の部

*全体:作業(50分)小休憩(5分)
1ポモ(回目): 19:00~19:25 [25分]
小1休憩: 19:25~19:30 (5分)
2ポモ(回目): 19:30~19:55 [25分]
小2休憩: 19:55~20:00 (5分)
3ポモ(回目): 20:00~20:25 [25分]
小3休憩: 20:25~20:30 (5分)
4ポモ(回目): 20:30~20:55 [25分]
まとめ: 20:55~21:00 (5分)
(振り返り、片付け)

a) 作業時間
・25分(1セット)× 4回
= 100分(1時間40分)

b) 休憩時間
・5分(1セット)× 4回
= 20分

c) 合計時間
a) 100分(1時間40分)+ b) 20分
= 120分(2時間)

7.勉強会の楽しみ方

1) 店内での飲食が可能

a)ドリンクコーナー
・イベント(勉強)の合間にフリードリンク(飲み放題)
お好きな飲み物を選んで飲んで頂けます。
(ドリンク代は使用料金に含まれています)
暖かい物冷たい物の両方が楽しめます。

①コーヒー(ミルク、砂糖は別に用意)
②緑茶
③味噌汁
④スポーツドリンク
⑤ミネラルウォーター

勉強カフェ大阪本町のドリンクコーナー

b) 飲食が持ち込み可能
・お好きなもの持参され、店内にあるドリンクと一緒に
楽しまれることをおすすめします。

①自宅より持参(お弁当、軽食、お菓子など)
②専門店、スーパー、コンビニで購入されたもの
(おにぎり、パン、サンドイッチ、おかず、スイーツ、お菓子)

【ポイント】
・イベントの休憩時間に飲食を楽しんで頂けるとその後の
勉強仕事がはかどります。
(カフェで作業した醍醐味を味わえます)
・勉強カフェ大阪のおいしいドリンクを飲みたいから
「勉強や仕事を頑張ってみよう」という意欲が湧いてきます。
「勉強カフェ大阪で飲食しながら勉強・仕事を楽しもう」と感じられます。

2) 人との交流

①主催者・参加者の方と会話
・勉強・仕事へのモチベーションが高い方と出会えるので
話をしっかり聞くといろんなことが学べます。
(勉強の方法・モチベーション、仕事の苦労と心構え、勉強を通しての感動体験)
・活躍されている姿を見て、勉強・仕事への意欲が高まります。

②スタッフの方と会話
・自分の話(勉強・仕事・生活のことなど)を真剣に聞いて下さるので感動しました。
(またお店に来て楽しみたいと強く感じました)
・アドバイスをして応援して頂けるので、勉強・仕事への意欲が高まります。

3) 小単位での習慣化

小さな単位でも勉強ができるようになった。
短い時間(すきま時間)でも勉強ができるようになった。
(1分、5分、10分、25分単位)
待ち時間でも勉強する習慣が身につけられた
(小問題を解く、暗記する)

数字の1をつける習慣をつけること
①問題を1問解く
②復習を1問行う
③本を1ページ読む
④文章を1行書く
⑤単語を1語覚える
⑥勉強を1分行う
壁紙:勉強カフェ大阪

【まとめ】
・いろんな人と積極的に話をして世界を広げてみよう
楽しいことおもしろいことが発見できます)
・仲間や応援して下さる方がいるので、勉強・仕事を頑張れるし楽しめます。
勉強は楽しいもの」 だと感じられます。
・スタッフの方が真剣に自分の話を聞いて下さるので
生きる意欲が高まりました。(自分の憧れている姿
勉強カフェ大阪の最大の魅力!

☆ポモドーロの勉強法を使って継続すれば、目標に近づけます。

8. 今後の展開

1) 複数の方が主催者

*勉強カフェ大阪・オーナーからのリクエスト
①理由
・ポモドーロのイベントを増やしたいから
(開催の回数を増やして、店や社会の活性化をさせるため)
・一人で主催するのは負担になるので協力してほしいと願われている。

②開催の回数を増やす
・勉強カフェ大阪を知ってもらい、何度も来てもらうため
・勉強カフェ大阪の魅力を体験して頂くため

【まとめ】
・勉強カフェ大阪を発展させ、ひとりでも多くの人に
勉強を好きになってやり続ける頂くため
(社会の発展につながるから)

(A) ポモドーラー

ポモドーラ―
・ポモドーロの主催する方
(勉強カフェ大阪から公認された会員の方)

出典:勉強カフェ大阪(ポモドーロイベント)

①勉強カフェ大阪本町うめだ会員の方
・勉強カフェ大阪の会員の方が自ら主催者として立候補され
お店から公認をされる予定です。
・主催者の方の都合で随時、開催される予定です。

②勉強カフェ大阪本町うめだスタッフの方々
・主催者の方の都合で随時、開催される予定です。
(スタッフが交代で主催される予定です)

2) セルフポモドーロを実践

①実践方法
・作業する前は、自分で内容目標を決める。
・自分で時間を計って、ひとりで作業をしてみる。
(作業・休憩時間の単位は変化をつけると良い)
・作業した後は、自分で成果課題を記録しておく。

②アウトプット
・セルフポモドーロをした後は人に報告すること
a) ブログTwitterに掲載する
b) 友人、知人、店のスタッフ、家族に報告する

【まとめ】
自分で意思を強く持てるかがポイントになります。
モチベーションを保てるように自分で工夫すること)
・セルフポモドーロを実践した後は、アウトプットを忘れずに!

9. まとめ

先日、再びポモドーロ勉強会に参加しました。
以前に参加した時にすごく感動したので、今回も充実できました。

平日は仕事があり、終わってから駆け付けたので大変でしたが
有意義な時間を過ごせました。参加して気持ちが高まり、ますます
勉強が好きになりました。今後はもっと高度な技術を身につけて、
仕事や生活を充実させたいです。

勉強カフェ大阪のオーナーさん、今回の企画を立てて
イベントを開いて頂いたことに感謝致します。今後は回数も
増やされ、複数の方々に主催して頂けるのでとても楽しみです。
今後も機会があればイベントに参加して成長していきたいです。

タイトルとURLをコピーしました