平昌オリンピックの感動

平昌オリンピックの感動シーン

第23回 平昌オリンピック(冬季)
2018年2月9日(金)~2018年2月25日(日):約17日間、開催されました。

大会で活躍されている選手たちから感動を得られました。
日本チームはメダル13個(金4個、銀5個、銅4個)
冬季オリンピックで史上最多のメダル数を更新し、メダルラッシュに湧きました。
大会の様子をまとめたのでご覧になって下さい。

1. 開催情報

1) 場所

①国:韓国
②都市:平昌(ピョンチャン)

2) 競技種目

・7競技 102種目
①スキー(ジャンプ、スノーボード、ノルディック複合など)
②バイアスロン
③ボブスレー(ボブスレー、スケルトンなど)
④リュージュ
⑤スケート(スピード、フィギュアなど)
⑥カーリング
⑦アイスホッケー

3) 競技会場

山エリア(山岳地区): 平昌(ピョンチャン)
・スキー、バイアスロン、ボブスレー、リュージュ
山エリア2(山岳地区):旌善(チョンソン)
・アルペンスキー
海エリア(海岸地区): 江陵(カンヌン)
・スケート、カーリング、アイスホッケー

4) 開・閉会式

①会場: 平昌オリンピックスタジアム
「横渓(フェンゲ)オリンピックパーク」
②日時
・開会式: 2/9(金)、閉会式: 2/25(日)

2. 印象に残った名場面

1) 金メダル: 4個

①フィギュアスケート男子 シングル
「66年ぶりに連覇達成」
・金メダルを取った瞬間は鳥肌が立ちました。

②スピードスケート 女子 500m
オリンピックレコード(OR) 達成」

③スピードスケート 女子 団体パシュート(3人)
オリンピックレコード(OR) 達成」

④スピードスケート 女子 マススタート
初代女王が誕生」

・金メダルを取った瞬間はガッツポーズが出ました。

2) 銀メダル: 5個

①スノーボード・ハーフパイプ 男子
・2大会連続・銀メダル獲得

②ノルディック複合 男子 ノーマルヒル
・2大会連続・銀メダル獲得

③フィギュアスケート 男子 シングル
④スピードスケート 女子 1000m
⑤スピードスケート 女子 1500m

3) 銅メダル: 4個

①フリースタイルスキー・モーグル 男子
・モーグル男子初のメダル獲得

②スキージャンプ 女子 ノーマルヒル
・チームメイトが駆け寄っていたのが印象的でした。

③スピードスケート 女子 1000m
④カーリング 女子 団体
・カーリング初のメダル獲得

3. 話題になったこと

1) オリンピック連覇

①フィギュアスケート 男子
・今回と前回(2014年ソチ大会)で金メダルを獲得されました。
(連覇を達成されました)

フィギュアスケート男子選手のイラスト
*Webメディア:B
▼公式サイト: 日本スケート連盟(フィギュアスケート)

(A) 結弦羽神社

①場所
・兵庫県神戸市
(最寄り駅: 阪急御影駅)

②話題になった理由
・選手の方と神社の名前が似ているから
・金メダルを獲得された影響から、多くのファンの方々が参拝されたから

2) 金メダルラッシュ

①スピードスケート 女子
メダルラッシュ!!強すぎる
2個(ダブル)金メダルを獲得
金・銀・銅の3色メダル(コンプリート)を獲得
・金・銀の2色メダルを獲得
オリンピックレコード(OR)の連発!

スピードスケート女子選手のイラスト
*Webメディア:C
▼公式サイト: 日本スケート連盟(スピードスケート)

3) 選手たちの名言

①カーリング 女子
・選手が発言した 「そだね~」という北海道の方言
(2018年、流行語大賞の候補になりそう)
・第5エンド終了後のおやつタイム
(作戦を立てながら楽しそうに召し上がっていたのが印象的でした)
・選手の地元である北海道名産のお菓子
赤いサイロ)話題になりました。

カーリング女子選手のイラスト
*Webメディア:D
▼公式サイト: 日本カーリング協会
▽Twitter: 日本カーリング協会
□Facebook:日本カーリング協会

4) 思いやりの行動

①ジャンプ 女子
・チームメイトがメダルを取った瞬間、駆け寄って喜びを分かち合ったこと。

ジャンプ女子選手のイラスト
*Webメディア: E
▼公式サイト: 全日本スキー連盟(ジャンプ)

4. オリンピックの魅力

メダル獲得だけが魅力じゃない

1) 高度な技術と技

・選手行った演技やレースに注目し、Webサイトで
名前と内容を調べ、魅力を感じました。

2) 競技のルール

・もっと詳しく競技を楽しみたかったので、Webサイトで
名前と内容を調べ、何倍も競技を楽しめました。

5. まとめ

平昌オリンピック(冬季)では、日本人選手の活躍に感動しました。
選手の活躍されている姿をテレビで拝見し、自分も頑張ろうと勇気を頂きました。

高度な技術や技には圧倒され、改めて競技に魅力を感じました。
今後も競技に関する知識を研究して競技観戦を楽しみたいです。

次回は(2020年夏季大会)東京で、(2022年冬季大会)北京
お会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました