スポンサーリンク

【アプリケーション】 Zoomの使用方法と役割

Zoomアプリケーションの紹介

今回は、Zoomというアプリケーションについて紹介します。
元々はWeb会議に使用されているアプリケーションです。

最近では機能が進み、生活スタイルの多様化に合わせて
普及しています。パソコンスマートフォンタブレットを使って、
インターネット上で会話・活動を楽しむことができます。
Web操作に詳しい方に教えてもらえるとより一層楽しめます。

勉強会交流会など様々な場面で活用できますのでみなさんも
試して楽しんで下さい。

1. Zoomの概要

1) 説明

Zoom
・インターネット上(オンライン)でミーティングができるアプリケーション

Zoomアプリケーションのアイコン

#Zoom
・クラウドコンピューティングを使用したWeb会議などが
行えるアプリケーションのこと

出典: Zoom [アプリケーション] (Wikipedia) 

オンライン
・インターネットやネットワークなどに接続している状態
・インターネットなどのネットワーク経由で提供するサービスのこと
オンライン○○

#オンライン
・コンピューターがネットワークや他のコンピューターと接続
している状態のこと

出典: コトバンク(オンライン) 

オフライン
・インターネットやネットワークなどに接続していない状態
・インターネット上のサービス(ブログ、SNSなど)で知り合った
人同士が直接開催されるイベントで会うこと
オフライン○○

#オフライン
・コンピューターや通信機器がネットワークに接続していない状態
出典: コトバンク(オフライン) 

2) 開発会社

Zoomビデオコミュニケーションズ(アメリカの企業)
・クラウドコンピューティングを使用したWeb会議サービスなどを
提供する会社(ソフトウェアの開発会社)

*Webメディア: A
▼公式サイト: Zoomビデオコミュニケーションズ 

3) ホストの説明

コンピューターネットワークのイラスト

①役割
主催者になって進行できる
管理者になれる(時には操作方法を人に指導する) 

②招待したい方々へ
招待URL招待IDを送信する (メール、Facebook、Facebookグループ、Twitter)

③適任者
・会社: 社長、上司が多い
・講座・学校: 講師、先生
・イベント: 主催者
・打ち合わせ: 主導権がある方
・その他: Web操作に詳しい方

#ホスト
・Zoomアプリケーションを使用するとき、操作の権限を持てること。
また、主催者になれて管理もできる役割がある

出典: BOXIL(リモートコントロール) 

2. Zoomの対応機能

1) ビデオ・音声通話

画面で相手が見える
音声が聞こえて話せる

【会議・授業】
空間を共有できる

2) チャット

・文字や絵文字を使って、リアルタイムメッセージのやり取りが できる。

【会議・授業】
・内容をリアルタイムで文字を記録できる

3) 画面共有

資料を提示して、見ながら説明できる (イメージが湧きやすくなる)

【会議・授業】
内容を理解しやすくなる

4) 録画

・画面と音声が録画できる 

【会議・授業】
・状態を動画で記録できる

5) リモートコントロール

・相手の画面を遠隔で操作できる

【会議・授業】
・Web上でトラブルが起こっても解決しやすくなる
・操作に慣れていない人に対して、指導して操作ができる
(使い方を覚えてもらえる)
自分から相手に対して、画面操作ができる
相手から自分に対して、画面操作ができる

#リモートコントロール
・コンピュータなどをインターネット上で遠隔操作すること

出典: BOXIL(リモートコントロール) 

6) スケジュール管理・連動

Google カレンダーZoomを連動されることができる
(スケジュール管理が行いやすくなる))
・参加者に連絡しやすくなる (メール、Facebook、Twitter)

【会議・授業】
スケジュール管理ができて、参加者に連絡しやすくなる

3. アプリケーションの設定手順

1) パソコン(PC)

WindowsMacintoshに対応

ノートパソコンのイラスト

①ダウンロード

②インストール ・インストーラーを起動する
 > サインイン > ミーティングに参加する(アカウントをお持ちの方
☆初回は、新規登録すること(アカウントを作成していない方
・「サインアップは無料です」 より登録すること 


③アプリケーションを使用する
・人のつながれる(接続可能になる)

2) スマートフォン・タブレット

AndroidiPhoneiPadに対応

スマートフォンのイラスト

①インストール
・Google Play > zoomと検索 > ZOOM Cloud Meetings > インストール

・サインイン > ミーティングに参加する
> ミーティングに参加する(アカウントをお持ちの方
☆初回は、新規登録すること(アカウントを作成していない方
・「サインアップは無料です」 より登録すること


②アプリケーションを使用する
・人のつながれる(接続可能になる)

4. アプリケーションの接続方法

1) パソコン(PC)

WindowsMacintoshに対応

ノートパソコンのイラスト

①人から招待されたとき(相手がホストになったとき)
☆SNS(Facebook、Facebookグループ、Twitter)、メール
→ 招待URL・招待IDを受ける
招待URLをクリック (招待IDを入力するときもある)

・アプリケーションが立ち上がって接続できる

②自分が招待するとき(自分がホストになったとき)
招待URL招待IDを作成

・メール、SNS(Facebook) → 招待URL・招待IDを送る

・アプリケーションが立ち上げてもらう接続できる

2) スマートフォン・タブレット

AndroidiPhoneiPadに対応

スマートフォンのイラスト

①人から招待されたとき(相手がホストになったとき)
*SNS(Facebook、Facebookグループ、Twitter)、メール
→ 招待URL・招待IDを受ける
招待URLをクリック (招待IDを入力するときもある)

・アプリケーションが立ち上がって接続できる

②自分が招待するとき(自分がホストになったとき)
招待URL招待IDを作成

・メール、SNS(Facebook) → 招待URL招待IDを送る

・アプリケーションが立ち上がって接続できる

【確認】
・Zoonを使って人とつながる前には、アプリケーションの
使い方を理解して、接続できるかテストすること

5. 活用場面(会議)

1) Web会議

・複数の人数での会議 (会社、組織、プロジェクト)

Web会議のイラスト

2) Web打ち合わせ

・個人での打ち合わせ(1対1で対面) (プロジェクト、面談、面接)

Web打ち合わせのイラスト

6. 活用場面(学習)

1) オンライン講座

・自宅のコンピューターで学習したいとき (講座で学んだ内容の関連動画)
・社会人が活用されている

例)オンライン通信講座、オンライン講座

オンライン授業のイラスト

2) オンライン授業

・自宅のコンピューターで学習したいとき (学校で学んだ内容の関連動画)
・学生が活用されている 

例)学校のオンライン授業、オンライン通信講座

オンライン授業のイラスト

【ポイント】
・自分で分かりやすくて面白い内容の動画を選んで学ぶと
楽しんで理解しやすくなる
・Zoomアプリケーションの操作や管理が難しいので、
詳しい方に対応してもらうと良い

7. 活用場面(生活)

1) オンライン通話

・離れ離れになっている親子・孫とのビデオ通話
①おすすめする方々 (外出することが困難な方)
・子や孫に会って話がしたいけど、遠くにいる方
・子や孫に会って話がしたい、体が不自由で会えない方

例) じいちゃん、ばあちゃんが子どもや孫とビデオ通話
お父さん、お母さんが子どもとビデオ通話

オンライン通話のイラスト

2) オンライン交流会

・友人・知人とWeb上で会話しながら、飲食を楽しむ
(各自が食べ物、飲み物を用意して、自宅で楽しむ)

例)オンラインランチ(昼の食事会)
オンライン飲み会(夜の食事会)
オンライントーク(昼夜問わず)

オンライン飲み会のイラスト

【ポイント】
・子どもや孫の顔と声を聞きながら通話すると、高齢者の
方は元気が出るので、積極的に活用すると良い
・みんなで協力して、操作・管理方法や理解して
みんなで楽しむこと
Web操作の詳しい人が中心になること

8. 長所

1) 遠隔でも会話が可能

・遠くにいても表情を見ながら、会話ができる
①おすすめする方々 (外出するのが困難な方々)
・子育てする方
・介護する方
・体が不自由な方

2) 多種類の利用が可能

*調整が可能である
①ビデオ: 表示・非表示、背景の有無
②音声: 有無
③画面共有: 有無
④チャット: 文字の会話 (話しながら文字を送信できる)

9. 短所

1) 回線が不安定

回線が途切れやすいので、進行しづらい
(スマートフォン・タブレットを使用する時は注意すること)
・表情や声がわかりづらい

2) 複数で会話が不可

・一度に複数の方が話できない
・気を使って思いが伝わりきれない

【ポイント】
・重要な場面で使用するときは、パソコンを使用する方が
安定しているので、お勧めします。
途中で退出するときは、参加者全員に声をかけてから行うこと

10. まとめ

今回は、Zoomというアプリケーションについて紹介しました。
以前、知人友人に招待されてZoomを使って何人かで交流
しました。自分は操作が分からなくて戸惑いましたが、みんなが
教えてくれたので理解してできました。みんなの顔が見えて話が
できたのでとても楽しめました。そこから学ぶことが多かったです。

今後さらに技術が進歩するので、様々な分野で活用されるので
仕事や生活での可能性が広がると感じました。さらに、外出が
困難な方々には生活の幅を広げる役割を果たせると感じました。

機会があれば使用して、Web上で人とつながって楽しみたいです。
また、仕事でも活用して人や社会のために貢献したいです。

タイトルとURLをコピーしました